ホワイトールの成分と副作用

ホワイトールの各成分ごとの効果と副作用について徹底分析!

ホワイトール,成分,副作用

 

こちらのページではホワイトールに含まれる成分について解説していきます。また副作用についても合わせてリサーチしました。

 

成分について詳しく知りたいあなた・副作用が心配と言うあなたはぜひチェックしてみてください。シミ消しサプリの効果の根拠とは果たして?

 

>>ホワイトールの私の口コミはこちら

ホワイトールの各成分ごとの効果や副作用について一覧

成分名 効果 副作用の危険度
アスコルビン酸(ビタミンC) 酸化されたビタミンEを復活させる働きがあり、アンチエイジング効果を高めます。 ホワイトール,成分,副作用
L-システイン24 システインにはL型とD型があり、L型には美白作用があります。 ホワイトール,成分,副作用
リボフラビン(ビタミンB2) 皮膚などのたんぱく質の再生に役立ちます。 ホワイトール,成分,副作用
ピリドキシル塩酸塩(ビタミンB6) 皮膚や粘膜を健康に保つ補助をしてくれます。 ホワイトール,成分,副作用
コハク酸d-a-トコフェロール(天然型ビタミンE) 抗酸化作用があり、アンチエイジング効果があります。 ホワイトール,成分,副作用
トウモロコシデンプン いわゆるコーンスターチのことで、サプリの繋ぎの役割です。 ホワイトール,成分,副作用
結晶セルロース 純度の高いセルロースのことで、食物繊維のような役割を果たします。 ホワイトール,成分,副作用
クロスカルメロースナトリウム 錠剤が安定に保つために配合されています。 ホワイトール,成分,副作用
メタケイ酸アルミン酸マグネシウム 胃酸を中和し、胃の粘膜を保護する役割があります。 ホワイトール,成分,副作用
ステアリン酸マグネシウム ほとんどのサプリメントに入っており、他の成分をなじませるために配合されています。 ホワイトール,成分,副作用
ヒプロメロース サプリメントのコーティング剤として配合されています。 ホワイトール,成分,副作用
酸化チタン 着色料のことで、サプリメントの色を白く保っています。 ホワイトール,成分,副作用
マクロゴール 吸湿成分で、サプリメントが湿気るのを防ぎます。 ホワイトール,成分,副作用

※★1個:非常に安全 ★5個:非常に危険  当サイトの判断基準により算定しています。

 

リサーチの結果、ホワイトールに副作用を懸念するような成分は含まれていませんでした。ただし飲み過ぎると体調を崩す事もあり得るので、必ず適量を飲むようにしましょう。

 

また、アレルギーがある場合もどの成分がアレルゲンとなるかわかりません。心配な場合は飲用前に一度専門の医師に相談するようにしてください。

 

>>ホワイトールの私の口コミはこちら